健康管理

鬱や気分の落ち込みを自分で治すには?精神科に行く前にやってみて

 

どうも、ごましばです!

 

楽しいこともあれば悲しいこともある。

 

それが人生だとは思いますが、辛いことや悲しいことが立て続けに起こってしまうと、どれだけ強い人間であっても、耐えられないかもしれません。

 

実は私自身も、過去に気分の落ち込みが続いてしまい、外出さえもままならない状態になった経験があります。

 

そんな時には読書をするのもしんどくて、解決策を見出すこともできずに、とても辛い思いをしたのを今でも覚えています。

 

読書をして解決策を知れば何とかできると思ったんですが、読書をする気力も湧かないので、それが悪循環になってしまい、何もできない日々が続きます。

 

ですが、ブログやツイッターなどのSNSなら何とか見ることができるという人も多いのではないでしょうか。

 

そこで、今回の記事ではブログを通じて、気分の落ち込みに苦しんでいる人の役に立つ情報を共有できればと思っています。

 

それでは早速やっていきましょう!

鬱や気分の落ち込みを自分で治すには?精神科に行く前にやってみて

気分の落ち込みの治療は3ヶ月から1年単位かかることを理解する

 

まずはじめに知っておいてほしいのですが、一度精神的に病んでしまうと、最短でも3ヶ月かかります。

精神を病んだ原因というのは、これまでも我慢の積み重ねが原因ですので、たとえ薬を飲んで一時的に良くなったとしても、それは根本的な治療にはなっていません。

 

あくまでも、どうしてストレスを溜め込んでしまったのか?

 

ということを自分自身で理解することで、根本的な治療に励むようにしなくてはなりません。

ストレス要因となることを理解する

 

なぜあなたはストレスを感じたのか?

それを頭で考えてしまうと、ずっとモヤモヤしたままになってしまいます。

 

ある研究結果では、ストレスを溜め込んでいる人は、1つの物事に集中しているように見えても頭の中ではいくつもの仕事をしている状態なので、勉強にしろ仕事にしろ、思ったような成果を上げることができなくなります。

 

些細なミスをしてしまう原因というのも、こうした理由からです。

 

そして些細なミスをしたことに対し、自分を責めてしまい、上司にも怒られてしまうので、さらなる悪循環を生み出すことになります。

 

ですので、自分がストレスを感じた状況を

『状況』『時間』『誰に対し』『どんな感情を抱いた』

のかということを紙に書いてみるといいです。

 

たとえば、『朝8時に上司に挨拶を無視されて悲しい気持ちになった』

というように、具体的に自分の感情を書き出すことでストレスの要因を理解できます。

 

そして、その時に抱いた感情を数値化してみると、さらなる効果を見込めます。

『悲しい気持ち50% 怒りの気持ち50%』

のように、自分の感情を数値化してみると冷静に物事を判断できるようになります。

 

ちなみに紙に書くのは1日の終わりがオススメです。

 

1日の中で自分が感じたストレスを数値化して、それを最低でも2週間続けることで、自分のストレス傾向が見えてくるので、かなり安心できます。

 

お金の不安がある人は家計簿をつけるのと同じように、不安に思っている事柄を見える化することが想像以上の力があります。

 

自分を実況する

 

自分が置かれている状況を幽体離脱しているような感覚で、解説してみることで、怒りの感情や悲しい気持ちを冷静に考えることができるので、ストレスを感じるレベルを軽減させることができます。

 

『あー。今叱られて、悲しい気持ち40パーセント怒り60パーセントくらいだな。』

 

という感じで、自分の状況を解説してみると冷静に物事を判断できます。

思考のクセを理解する

ストレスを感じやすい人というのは、自分のモノサシで物事を捉えてしまうクセがあります。

1回叱られただけで、この世の終わりのように感じてしまったり、『この人は私のことが嫌いなんだ』と感じとってしまう傾向があります。

 

これは、自分の思考のクセが影響を及ぼしています。

 

ですので、自分の感じたストレスは、客観的に見るとどんな事柄なのか?

ということを考えてみてください。

 

たとえば、『Aさんに叱られた』場合

『Aさんに叱られたのは、自分がきちんと挨拶をしなかったからで、私のことを嫌いなわけではなく、挨拶をしなかったことに叱ったんだ』

などのように、一旦感情を排除して、その事柄の事実のみを紙に書き出します。

 

事実のみを考えるので、叱ってきた相手の顔なんかは一切排除して考えるようにしましょう。

 

そうすることで、自分の考え方のクセを排除して、事実のみでストレス要因を考えることができます。

 

匿名アカウントを使用する

 

ツイッターなんかでは裏垢と言われる、自分の本名を伏せて思ったことをつぶやく人がいますが、これは科学的にも実証されているストレスの解消方法なのです。

 

書くことで思考が整理されるので、ストレスが解消されるのです。

この方法を行う時のは、個人の特定につながるような書き込みは避けるようにしてくださいね。

 

ちなみにこの方法を行なったグループはうつ傾向の改善がみられたそうです。

 

無料でできる方法なので少し試してみるといいですね。

 

つづく

 

今回の記事はこの辺りで終わりたいと思います。

 

続きはまた次回の記事で執筆していきます。

 

バイバイ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ABOUT ME
ごましば
ごましば
日常生活で皆さんの役に立つ情報を共有できたらと思っています。 お仕事のご依頼などはお問い合わせフォームからお願いします。
公式LINE@でも毎日を健康で楽しくする情報をお届けしてます!

ライン@では生活を楽しくする情報をお届けしています。

 

ぜひ気軽に登録してくださいねd( ̄  ̄)

公式ライン@やってます!

人生を楽しくするメッセージを送っているので気軽に追加してくださいね☆

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です