健康管理

なんでも人のせい/白黒つけたがる人…ストレスを感じやすい人の特徴

 

どうも!ごましば@gomashiba5587です!

 

あなたは生きていてストレスを感じることはありますか?

 

人間ですから、いつでも楽しく生きていくのは不可能ですし、なんらかのストレスは誰しも感じているものです。

 

ただ、ストレスの感じ方というのは人によって異なります。

 

仕事の面接で失敗したということに対して、ひどく落ち込んでしまう人もいれば、全く気にせずに生きている人間もいたくさんいます。

 

では、彼らの違いとはなんなのでしょうか?

 

自分の特性を理解し、ストレスとうまく付き合うことができれば、人生はグッと楽になるはずです。

 

そこで今回は、ストレスを感じやすい人間と、そうでない人間の違いという点にフォーカスして記事を書いています。

 

ストレスが溜まってイライラしてしまう人や、ストレスとのうまい付き合い方を知りたい人には、ぜひ参考にしていただければと思います。

 

鬱や気分の落ち込みを自分で治すには?精神科に行く前にやってみて どうも、ごましばです! 楽しいこともあれば悲しいこともある。 それが人生だとは思いますが、辛いことや...

 

なんでも人のせい/白黒つけたがる人…ストレスを感じやすい人の特徴5つ

その1 なんでも人のせいにしてしまう人

 

何か起きた時に、人のせいにしてしまう人は、ストレスに対する対処法がうまくない人です。

 

『自分が今苦しんでいるのは親の教育のせいだ』

『勉強ができないのはAさんが邪魔してくるからだ』

 

このように、自分以外の部分に目を向けてしまうと、ストレスに対するうまい向き合い方ができなくなってしまい、余計なストレスを溜め込んでしまう原因となります。

 

ストレスを解消するのは、ストレスの対象を自分から遠ざけるのではなくて、許容して受け入れることから始まります。

 

まずは、誰かのせいにするのをやめて、ありのままの事実を受け入れて、自分の至らなかった点や、ストレスの原因となった事柄を主観抜きで、客観的に見るようにしましょう。

 

その2 なんでも自分のせいにしてしまう人

 

なんでも他人のせいにしてしまう人もいれば、反対になんでも自分のせいにしてしまう人もいます。

 

『全部俺が悪いんだ』

 

このように全てを自分のせいにしてしまう人間も、ストレスの対象がうまくないので、注意が必要です。

 

誰かに助けを求めたり、協力をお願いして、一人で何でもかんでも抱え込まないようにしましょう。

 

その3 被害妄想主義

 

被害妄想主義に陥ってしまう人というのは

『あの人は私のことが嫌いなのかな』

などと、余計な心配をしてしまい、ストレスを抱え込みやすい状態になっています。

 

全ての特性に言えることなのですが、物事を客観的に見られない人は、ストレスを溜め込みやすいので、あくまでも物事を客観的に捉えなくてはいけません。

 

感情というのは予測に過ぎないので、余計な心配をせずに、事実のみを受け入れるようにすると良いですよ。

 

その4 ラベリング

 

ラベリングとは、ペットボトルにラベルを貼るように、商品化したりイメージをつける行為を指します。

 

たとえばAさんに対して

『あの人は自己中で気難しい人だ』

などのように、自分の中で、他者の評価を勝手に決めることです。

 

ラベリングをしてしまうことにより、正しい視点で人を評価できなくなり、歪んだ認知をしてしまうことになるので注意が必要です。

個人的な感情や関係性を抜きにして、ありのままの対人評価を心がけましょう。

 

その5 白黒つけたがる人

 

物事をはっきりさせたがる人はストレスを溜め込みやすいです。

私の憶測ではあるのですが、アスリートが引退後に精神疾患を患う可能性が高いのは、アスリートが自分の追い求める姿を実現しようとする性格的な面が影響していると思います。

 

『ダイエットに失敗したら生きている意味がない』

『この仕事に就けなかったら終わりだ』

 

などのように、自分にプレッシャーをかけてしまうので、自ずとストレスを抱えてしまいやすくなります。

 

いい面に働くこともありますが、完璧を目指すと、不完全な自分を認められなくなるので注意が必要です。

 

5つの特徴を理解することがうつ抜けのコツ

 

精神疾患を患う人は、ものごとの捉え方が偏っていることが多いので、今回紹介した5つの特徴で、自分に当てはまる物があれば、それを意識して改善していくことが、ストレス解消につながります。

 

物事の考え方や捉え方は、人生で積み重ねてきたことなので、そう簡単には解消できるものではありません。

ですが、それだけに改善しようと意識を向けられるようになれば、かなりの効果が見込めます。

だいたい3ヶ月くらいは意識的に取り組んでいただければ、劇的にメンタルが改善できるので、根気よく取り組んでいただければと思います。

 

このように記事を書いている私も、一昔前には、完璧主義者であったために、少しの妥協も許すことができない毎日を過ごしていました。

そんな完璧主義を目指してしまうと、周りの人にも当たりが強くなってしまいますし、何より、自分が生きていて苦しくて仕方ありませんでした。

そんな自分を変えたくて、なんとか意識を変えて生きてきましたが、やはり今でも完璧主義が発動しそうになります。

ですが、このような自分の特性を理解できているのと、できていないのとでは、雲泥の差があります。

 

特性が分かっているのであれば、『今の自分のメンタルよくないな〜。』などのように、自分の精神状態を客観的に分析できるようになります。

 

生まれ持った性格というのは簡単には変えられませんが、意識を向けることで、その症状を緩和することが可能になります。

 

あまり焦らずに、少しずつでも、自分の特性を理解して、受け入れていくことが、ストレスとの、うまい付き合い方です。

 

ぜひ参考にしていただければと思います。

 

それでは今日はこの辺で失礼します。

 

バイバイ(● ˃̶͈̀ロ˂̶͈́)੭ꠥ⁾⁾

ABOUT ME
ごましば
ごましば
日常生活で皆さんの役に立つ情報を共有できたらと思っています。 お仕事のご依頼などはお問い合わせフォームからお願いします。
公式LINE@でも毎日を健康で楽しくする情報をお届けしてます!

ライン@では生活を楽しくする情報をお届けしています。

 

ぜひ気軽に登録してくださいねd( ̄  ̄)

公式ライン@やってます!

人生を楽しくするメッセージを送っているので気軽に追加してくださいね☆

 

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です