テレビ

ハイデイ日高会長の神田正のwikiや経歴は?年収が気になる!

ハイデイ日高会長の神田正のwikiや経歴は?年収が気になる!

こんばんわ^^

休み明けは、なんとも調子がでずの ぴゅぴなです^^

これじゃ、ダメですね。

また、明日の勤務が終わると週末お休み。

休みボケなのか??(笑)

 

さて、今夜の「カンブリア宮殿」「ハイデイ日高」会長の神田正さん

と、「ニトリホールディングス」社長の似鳥昭雄さんが登場します。

お二方の登場ですが、「ハイデイ日高」会長の神田正さん

に注目していきたいと思います!

スポンサードリンク


「ハイデイ日高」会長 神田正さんwiki

神田正(かんだ ただし)

1941年生まれ 74歳

埼玉県日高市出身

中学校卒業

 

神田会長は、中学校卒業、すぐに職に就いているんですね。

家庭の事情もあったようで、なかなかの苦労人でもあるようです。

中学生の頃から、働くことが出来ない父親の代わりに

キャディや、新聞配達等のアルバイトをし

生計を立てていたそうです。

では、神田会長の経歴も見ていきましょう!

 

経歴

中学校卒業後は、

金具を作る製作所、浄水場の塀作り、鉄工所でのベアリング作り、

運送屋、土建屋、キャバレーのボーイ、本田技研工業の工場など・・15もの職を転々と。

中でも、一番長く続いたのが本田技研工業の工場で1年半とのこと。

その後、20代でラーメン店に就職。

引退した店長の店を引き継ぎ、31歳で独立するものの閉店。

スナック経営なども手広く広げたことが原因で閉店となったようです。

スポンサードリンク


そして、後の「ハイデイ日高」となる

73年大宮市(現さいたま市)におよそ5坪のラーメン店「来来軒」をオープン。

その後、「ラーメン館」などの新業態にもチャレンジ。83年に株式会社化。

98年、それまでの日高商事から「ハイデイ日高」に商号変更。

99年日本証券業協会(現ジャスダック)に店頭登録。

2002年に主力を低価格ラーメン店「日高屋」に移行し、新宿に第1号店をオープン。

05年4月に東証第2部、

06年8月に第1部に上場。

09年から現職の「ハイデイ日高」会長となる。

 

なんとも!波乱万丈!の苦労人ですね。

中学卒業から数々の職を経験、失敗もしながら

前進を続けてこられた方なんですね!

「失敗せずに成功はない」とは、まさに神田会長あっての

言葉なのかな。と思いましたね。

人間性も大変素晴らしく、人情にあふれる方でした。

従業員への思いや、感謝。

15歳から働き、今の自分があるのは、感謝しかないと

 

気になる年収は?

 

気になる年収ですが、

株式会社「ハイデイ日高」の資本金は、1,625,363,422円。

16億です!

平均的に、資本金が16億ということは、

会長職で、月額報酬は244万円。

年収にすると、約3000万円といったところでしょう。

 

 

実際の放送が楽しみ🎵ですね(^^♪

では、この辺で。。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top