テレビ

吉田隆一のWiki!新垣隆との新ユニット【N/Y】結成秘話とは

 

こんばんわ!

最近ご活躍の、元?ゴーストライターの新垣隆さん。

またも、活躍しそうな話題がありました。

吉田隆一さんと、ユニット結成をしたようです!

吉田隆一さんとは?どんな人?Wikiや

ユニット結成秘話?について書いていきますね!

 

 

スポンサードリンク


 

吉田隆一さんのWiki・経歴

どんな人?

 

よしだ

1971年9月16日、東京都出身。

バリトンサックス奏者。

中学生の時に吹奏楽部でバリトンサクソフォンを手にする。

高校生の頃にクラシックに傾倒。

同時期にジョン・コルトレーン「アセンション」を偶然聴き、ショックを受ける。

大学ではビッグバンドで活動し、同時期に林栄一(as)『林管楽交』に参加。

その後チンドンに弟子入り。

富山チンドンマン・コンクールに2回出場。技能賞を受ける。
同時期に荻窪「グッドマン」にてバリトンサックスによる無伴奏ソロライブを開始。

大学卒業後、

『村上俊二(p)「ミカラム」』『吉田隆一カルテット』等で新宿「pitinn」等で活動。

’97年に藤井郷子(p)オーケストラに参加。

同時期に『渋さ知らズ』に参加。98年、2000年のヨーロッパツアー全日程に参加。

’99年、浜松ジャス・ウィークに

『高瀬アキ・スペシャル・オーケストラ』のメンバーとして参加。

高瀬アキ(p) 日野皓正(tp)らと共演。

2000年『東京中低域』の立ち上げと同時に参加。2006年脱退。

現在は『板橋文夫(p)』『藤井郷子オーケストラ』

『SXQ(松本健一SAX Quintet)』『渋さ知らズ』

『☆∞※★&♭』『林栄一カルテット』等のユニットに参加。

自己リーダーバンドは
アヴァンポップ・トリオ「blacksheep」(吉田隆一bs,後藤篤tb,スガダイローp)
アヴァンポップ・アンサンブル『tea-pool』(吉田隆一bs,太田恵資vl,壷井彰久vl,立花泰彦b,永田利樹b)
管楽器トリオ『DELTA BLUE’S』(吉田隆一bs,後藤篤tb,林栄一as)
『龍井(RON-JIN)』(吉田隆一bs,蜂谷真紀vo,山口コーイチp)

2007年2月より、表参道のcafe『月光茶房』にて

『月光茶房の音会』と題する隔月ライブシリーズのプロデュースを行っている。

ソロアルバム:『phone-phone』『tea-pool(共にsincerely music)
参加アルバム:古澤良治郎『Ash』渋さ知らズ『渋龍』『渋旗』板倉克行『日めくり樹林』『AROUND TABLE』藤井郷子オーケストラ『Double Take~月は東に日は西に』『BEFORE THE DAWN「夜明け前」』『Live!!(CD+DVD)』東京中低域『明星』『東中』『火の玉ボーイ』『IN THE MASS』pikaia『pikaia』早坂紗知BlackOut『BlackOut』上々颱風『上々颱風9 ~心の花~』missing link『the spell was cast』大島輝之『into the black』
他多数

【オフィシャルホームページ】引用

また、吉田隆一さんは、ジャズ界きっての異才

とも呼ばれる、素晴らしい才能の持ち主のようです。

なかなか、写真からは、涼し気な独特な雰囲気の持ち主に見えませんか?

 

 

スポンサードリンク


 

 

ユニット結成秘話・N/Yアルバム情報

 

異色のユニットにも見える気がしますが、結成に至った理由は?

2014年春、音楽家として最大の転機を迎えた新垣隆が、荻窪にあるライブハウス〈ベルベットサン〉で吉田隆一と出会い意気投合。そして夏、同所で初めて共演した2人の演奏を音楽評論家の村井康司氏が聴いて深い感銘を受け、プロデュースを買ってでた事により本作の企画は立案、そして遂行された。

最大の転機。まさに「ゴーストライター」事件でしょうか。

この転機、新垣さんにとって、良い転機になりましたね!

新垣隆は現代音楽、吉田隆一はフリージャズと、

どのような作品なのでしょうか?

 

 

 

今作は音楽の楽しさ、美しさ、そして自由さを全面に押し出した内容。

 

ピアノとバリトン・サックスだけによる一発録り、というシンプルな形で制作。

優雅で奔放で素朴で緊張感にあふれた、音楽の「原風景」をくっきりと刻印した作品だ。変わらない音楽の本質と、新しく変わっていく音楽の流行を明確に提示したアルバム『N/Y』を是非お聴き下さい!

 

 

どうでしたか?

私は、休日の午後のマッタリな時間に、コーヒーなんか

飲みながら聞きたいかな~なんて思いましたよ。

 

 

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top