あの人は今

小室哲哉の妻KEIKOの現在は?看病から得たものが凄い!

小室哲哉の妻KEIKOの現在は?看病から得たものが凄い!

 

どうも!こんにちわ!

ぴゅぴなです( ´ ▽ ` )ノ

お盆休みということで、帰省などで道路も混雑していました。

私ぴゅぴなも、お盆のお参りを済ませてきましたょ。

そして、昼食はガッツリ系の食事だったため、未だに満腹・・・参りました💧

これじゃぁ、今晩のビールが不味いじゃないか(−_−;)w

 

 

さて、本日の「クロスロード」。

小室哲哉さんが登場します。

小室さんといえば、妻のKEIKOさんの病状や現在が気にかかります。

くも膜下によって、2011年に倒れてから5年経つんですね。

やはり復帰は難しいんでしょうか・・・

スポンサードリンク


KEIKO

 

  • 名  前:小室 桂子(こむろ けいこ)
  • 生年月日:1972年8月18日
  • 年  齢:43歳
  • 出身地 :大分県 臼杵市
  • 学  歴:大分県立臼杵商業高等学校卒業

 

KEIKOがデビューするきっかけとなったのは

1995年に小室哲哉が主催したイベント内で開催されたオーディションの出場だった。

このオーディションをきっかけに、globeのヴォーカルとしてデビューする。

 

 

このオーディションのエピソードは有名で

登場した桂子さんが、ステージから転落し

その後、何食わぬ顔で歌い始めたという話。

 

 

 

実際の映像はこちら!↓

 

 

転落が幸いとなったのか

プロヂューサーである小室哲哉も注目!

が!しかし!落ちたから注目したのではなく

彼女の声に「ブルース」を感じたんだとか^^

 

 

確かに、彼女の声は、私も好きですね〜

もともと、演歌だったかな?全くジャンルの違う歌も歌えたとか

小室さんが語っていたことがあります。

老若男女に愛される声質があると思われたそうです。

すみません💦私の記憶が正しければですが・・・

スポンサードリンク


KEIKOの現在は?

 

2011年10月24日。

桂子さんは、自宅で首の後部に激痛を訴え倒れました。

都内の病院に緊急搬送され「くも膜下出血」と診断され

5時間にわたる手術を受けました。

 

 

2ヶ月後の12月に退院。

早期の発見であったため、脳への大きな損傷がなく後遺症の心配はないとされてました。

 

 

 

しかし、現実には、やはり後遺症が・・・。

 

 

意識が回復した直後

記憶障害を発症し、自身が歌手であることも覚えていなかったといいます。

 

 

 

現在もリハビリは続いており

ドリルをやったり、ツイートしたりされているようです。

 

当初はパソコンをうまく使えず、

誤字が多かったり、簡単な文章入力さえも、時間がかかっていたそうです。

 

 

 

それでも、毎日やり続けること!ですよね!

こういった作業もきっと、リハビリになるはず!

ドリルなんかも、自主的にやろうと頑張っているそうですよ^^

 

 

 

現在の記憶ができない

意識を取り戻した時には、過去の記憶すら覚えていなかったと言う桂子さん。

 

 

現在は、現在の記憶ができないそうです。

復帰できたとしても、新曲が歌えない・・・。

 

 

 

小室哲哉が得たもの

小室さんといえば、結構、女性関係では噂のある方。

 

 

桂子さんとは、3度目の結婚。

 

 

 

初めての結婚は、大谷香菜子さんという当時アイドルだった女性。

4年でピリオド。

 

 

その後、吉田麻美さんというDOSのメンバーと結婚。

お子さんができ結婚しましたが、10か月でのスピード離婚。

 

 

その他にも、一般人との婚約破棄の噂や、モデルとの婚約破棄

不倫などがあったそうです。

そして、元カノとして有名なのは、”ともちゃん”こと華原朋美さん。

テレビでよくラブラブっぷりを見せてましたよね〜

 

 

 

そんな女性関係では派手であった小室さんは、

現在、献身的に妻を支える夫。

妻のドリルの添削や、二人三脚のリハビリに励んでいます。

 

 

 

妻が、病に倒れ、当たり前なことが当たり前じゃなくなって気づいたんでしょうか。

桂子さんから、得たものは、大きいのではないでしょうか。

 

 

 

久しぶりに、globeのCD♪聞いてみようかな♪( ´▽`)

では、この辺で。

ご訪問いただきありがとうございました*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top