トレンド

マイナンバー制度?預金や個人情報が危険にさらされる可能性!とは

マイナンバー制度?預金や個人情報が危険にさらされる可能性!とは

 

社会保障と税の共通番号(マイナンバー制度)ですが、
金融機関の預金口座にもつけられるようにするマイナンバー法の改正案が、参議院で可決されました。

マイナ

とのニュースがありました。これで、預金にまで番号が付けられる事が決定です。

マイナンバー制度とはどんな制度なのか?導入はなんのためなのか?

預金や個人情報が危険にさらされる危険性は?

今一度、考えていきたいと思います。

スポンサードリンク


マイナンバー制度とはどんな制度なのか?

まいな2

 

「マイナンバー」制度とは、国民一人ひとりに12桁の番号を割り当てて

氏名や住所、生年月日、所得、税金、年金などの個人情報を、その番号で一元管理する「共通番号制度のことです。

要するに、私達国民ひとりひとりに番号をつけ、番号で管理するものですよね。

それだけでも、寒気がします。ペットのような感覚に陥るのは私だけでしょうか・・

 

何のための導入なのか?

行政を効率化し、国民の利便性を高め公平かつ公正な社会を実現する

という期待される効果を3つほど上げています。

 1つめは、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。(公平・公正な社会の実現)

2つめは、添付書類の削減など、行政手続が簡素化され、国民の負担が軽減されます。また、行政機関が持っている自分の情報を確認したり、行政機関から様々なサービスのお知らせを受け取ったりできるようになります。(国民の利便性の向上)

3つめは、行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。複数の業務の間での連携が進み、作業の重複などの無駄が削減されるようになります。(行政の効率化)

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/gaiyou.html

このような、効果を期待したのが、マイナンバー制度導入のようです。

公平・公正な社会の現実?今現在、公平・公正な社会とはなっていませんね。

導入することによって実現していただきたいものです。

 

国民の利便性の向上

行政手続きが簡単になる?

行政の効率化

作業が軽減?

 

3つの柱的なものを期待しているようですが、

どう思いますか?

全てにおいて、私達 国民目線と言えるでしょうか?

 

スポンサードリンク


預金・個人情報の危険性

 

サイバー

弁護士や市民で作るグループがマイナンバーの使用は違憲だとして差し止めを求める訴えを全国で一斉に起こす方針を固めました。

出典「マイナンバー制度は違憲」一斉提訴へ NHKニュース

マイナンバーの漏洩は必ず起こります。

と懸念・警告されています。

漏洩した場合

一番危険だと言われているのが、

地方自治体・中小企業

この二つです。そして、どのように漏れるかというと

サイバー攻撃

内部犯行

厳重な警戒をするといっても番号を使う場合には、インターネットにつながっている環境で作業することとなります。WEB上のセキュリティに100%はありませんし、必ず漏れると思っておいて良いと思います。

実際に漏えいしたら?

漏えい

状況により訴訟も視野に入れるというスタンスで良いと思います。

 

大規模なマイナンバーの漏洩となった場合には、集団訴訟というケースもあると思われます。

冗談じゃありません!

漏れた場合も勿論大変ですが、 個人情報保護 という法律は何なんでしょう。

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top