ドラマ

【ネタバレ】ナオミとカナコ第十話最終回感想とあらすじ!カナコ私後悔してないよ・・・

ナオミとカナコ

ドラマ『ナオミとカナコ』奥田英朗原作

ネタバレを含む感想とあらすじです。

大学時代からの親友、小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)が繰り広げる

衝撃的なストーリー。

早いもので、最終回。

ナオミとカナコの運命はいかに・・

うまく逃げ切れるのか?

スポンサードリンク


『ナオミとカナコ』第十話、最終回あらすじ

とうとう、ナオミとカナコの前に、警察の捜査の手が・・・

事情聴取に耐えられる?

達郎が眠る場所へ捜査が及ぶ?

逃亡を図る二人は、逃げ切れることができるのか・・・

 


 

ナオミとカナコの前に現れた刑事。

 

任意とはいえ、カナコは警察車両に・・・

ナオミは、見送るしかない。

 

 

そこに、陽子が現れる。

警察に決定的な証拠となりうる

マンションとATMの防犯カメラの映像を提出したこと、

替え玉にした林竜輝の存在を明かしたと告げる。

 

 

 

「カナコは必ず自白する」と自信を見せる陽子に、直美は言葉を失う。
その後、ナオミは李社長の元へ駆け込む。

「頼れるのは李社長しかいない、自分たちを助けてほしい」、と訴える。

 

 

李社長は、

「警察は服部達郎をすぐに見つけるだろう」と言う。

そんな李社長に、ナオミはついにすべてを打ち明ける。

「その上でもう一度助けてほしい」と・・・

 

 

一方の、カナコは厳しい取り調べを受けていた。

陽子がナオミに言った通り、警察は林を達郎の替え玉にしたことまでもつかんでいた。

黙り込むカナコ。

刑事の鍋島は、二人の友情に付け込み、正直に話せば共犯者の直美にも情状酌量の余地があると仕掛けてくる。

 

 

 

そして、陽子は、

林が身を潜めていたホテルを突き止め、ナオミとカナコが犯罪者であることを明かす。

さらに、自分は味方だと主張。

今、警察に知っていることをすべて話せば、林にとって有利な証言をして助けることができると持ち掛ける。

動揺する林・・・・。

 

 

原作とドラマ化している内容とは、違いがあるようです。

原作での結末は、逃げ切るか?逃げ切れないか?で

最終的には、逃げ切ってEND。

ドラマでも逃げ切れることができるのでしょうか・・・

スポンサードリンク


『ナオミとカナコ』第十話まとめ・視聴率

前回の第九話の視聴率は、7.1%。

九話までの平均視聴率は、7.6%。

最終回の視聴率は、6.8%でした。

 

 

豪華キャストの、高畑淳子さん、吉田羊さんの演技は光っていたもの

話題になったのは、高畑さん演じる、中国人社長の李社長でしたね~

 

 

そして、結末が、見え見えな感じも、振るわなかった原因かもしれませんね。

 

 

読み通りの展開と思われた方も多いのではないでしょうか?

 

 

 

結局は、防犯カメラの映像に映った、大きな荷物を運びだす2人の姿が不審。

荷物を運びだした後の、走行ルート。

そこから、行き着いた場所まで、特定されていきました。

 

 

 

そして、捜索。

案の定、達郎が堀りおこされました。

 

 

海外逃亡を図る、ナオミとカナコ。

ドキドキハラハラで、出国ゲートを突破。

 

 

 

うまく逃亡となるか!?

 

 

 

しかし、それと同時に達郎が発見され、2人に逮捕状が出されます。

ゲートを抜け、警察が走り出す・・・

結末の場面は、笑みを浮かべて歩く2人、逮捕された場面ではありませんでした。

原作では、無事、海外へと逃亡しEND。

 

 

 

結末がわかりきっていた中でも

李社長の「あなたたち妹」

そう言って、2人を抱きしめるシーンは、思わず涙してしまいました。

 

 

 

バレバレな結末が見えながらも

なかなか楽しませてもらいました(*‘∀‘)

 

 

さぁ~次なる春のドラマは、どんなかな~(*´▽`*)

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top