ドラマ

【ネタバレ】ナオミとカナコ第三話感想とあらすじ!カナコの決心!アタシやるよ・・

ナオミとカナコ

ドラマ『ナオミとカナコ』奥田英朗原作

ネタバレを含む感想とあらすじです。

大学時代からの親友、小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)が繰り広げる

衝撃的なストーリー。

第三話が放送されました。

スポンサードリンク


『ナオミとカナコ』第三話あらすじ

ついに、カナコの旦那を消す方法を思いついてしまう、ナオミ。

いよいよ、二人は計画を立てて動き出す?

ここで第二話は幕をとじます。


 

ナオミに連れられてチャイナタウンにやってきたカナコ。

カナコは、そこで夫の達郎にうり二つの、中国人・林を見て驚く。

 

ナオミは、林を達郎の替え玉にすることを思いついた。

 

 

やはり、こうきましたか。

林を利用し計画を企てることは、まあ、バレバレでしたね。

 

 

 

計画はこう。

達郎を消したあと、林を達郎のパスポートで出国させる。

そうすれば、達郎が見つからない限りは『失踪事件』として扱われるという計画。

ナオミから、この計画を聞いたカナコは、動揺します。

 

 

 

一方の、替え玉役の林は、報酬の200万円で

達郎になりすますことを承諾する。

 

 

こんな計画が企てられていることも知らない達郎は

相変わらず

カナコに対しての、DVは止まない。

ナオミから、達郎計画を聞いた時には動揺していたナオミだが

真剣に考えるようになっていきます・・・。

スポンサードリンク


『ナオミとカナコ』第三話まとめ・視聴率

第二話の視聴率は、7.7%でした。

数字の悪さから、早期終了の噂まで出ていますが

今回、第三話の視聴率は8.7%。

李さん効果なのか、前回第二話より上昇しましたね。

 

 

林は左利き。達郎は右利き。

計画は、名前を書く練習から始まる。

林は、名前を書く練習を物凄くしていた。

 

 

 

カナコとの会話の中で、中国へ戻ったらやりたいことがあると話します。

そして、”普通”であることは一番難しいと。

 

 

 

丹沢に訪れた、カナコとナオミ。12年前にいもこの地を訪れていた2人。

その当時、カナコは「普通で良いから、両親のような家庭を築きたいな」と話していた。

 

 

12年後のいまは、そんな普通の生活さえ、ままならない。

いかに、普通であることが素晴らしいことか。

普通であることが幸せなんだ。

 

ナオミとカナコ第三話はこちら→http://ihgraix.com/3400.html

 

 

 

『ナオミとカナコ』第四話は?

カナコ・・・・「ナオミ、あたしやるよ」

ナオミ・・・・「うん」

ついに、カナコは決心します。

 

そんなときに、李社長のチャイナタウンに警察の捜査が・・・

林は不法滞在で捕まってしまうのだろうか!?

捕まってしまうと、計画はすべて白紙になってしまう。

 

 

次週は、達郎を消す方法を探っていくようですね。

普通に書いているのが、ちょっと怖い(~_~;)

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top