問題

マイクロビーズは危険な粒!環境汚染や人体に与える悪影響が深刻!

マイクロビーズは危険な粒!環境汚染や人体に与える悪影響が深刻!

 

こんにちわ^^ぴゅぴなです。

ただ今、とんでもない突風が吹き荒れています。

停車している車に乗っていても、車酔いしそうなほどです。

風が少し落ち着くまで、待機zzz

 

 

さて、みなさんお馴染みかと思われる『スクラブ洗顔』や『歯磨き』の粒々。

この粒のことを『マイクロビーズ』といいます。

これって、世界的に問題になっているようですね。

日本は、どうも、こういった対応は後手に回っていますよね。

マーガリンなどに含まれる『トランス脂肪酸』の人体への影響が懸念され

海外では、一切販売しないとしている国もあるなか

日本での規制はありません。

”国が安全だというから大丈夫”ではなく

私達、一人ひとりが情報に敏感になるしかないかもしれませんね。

マイクロビーズについて見ていきましょう。

スポンサードリンク


マイクロビーズは危険な粒!

粒々が入った『歯磨き粉』

粒々が入った『洗顔フォーム』

これらの、商品って随分と見慣れていますよね。

 

 

 

見慣れているって、ある意味・・怖いですね。

あることも、存在することも普通にさえ思ってしまいます。

そして、特に疑問視することもなく、危険な物だなんて思いもしません。

そして、粒々の正体が何であるか?なんて考えることもありません。

 

 

 

マイクロビーズという危険な粒は一体どんなものなのか?

 

 

 

【マイクロビーズ】

正式には、『マイクロプラスチック』

≪生物物理学的≫環境中に存在する微小なプラスチック粒子。

工業用研磨剤、洗顔などのサンドブラスト用研削材として使われる。

 

 

怖くないですか?

スクラブ洗顔なんていいますが、プラスチックの粒で顔を洗っているということですよね💦

いかにも、肌に負担がかかりそう。

歯磨きだって、歯を削ってしまっているのではないかと不安になってきました。

スポンサードリンク


環境汚染や人体に与える悪影響が深刻!

『マイクロビーズ』の環境汚染については

米国では、規制法案が出され、化粧品メーカーではすでに規制されているそうです。

 

 

 

マイクロビーズの粒は、大きさ1mm以下。

私達が日常使用し、

バスルーム・洗面所から下水処理施設のフィルターを通過し、川や湖、海に、

毎年何百万トンも流れ込んでいるといいます。

 

 

 

流れ込んだ先に生息している魚は、マイクロビーズを食べてしまいます。

魚の体内には有害物質が蓄積され、それを食べる人間にも有害物質が蓄積。

食物連鎖のように深刻で、人体に悪影響を与えるリスクがあります。

 

 

 

そして、スクラブ洗顔料を使用し、マイクロビーズが目に入ってしまうと

眼球の表面に傷がついてしまう恐れがあります。

万が一、目に入ってしまったら、絶対にこすらず!医療機関(眼科医)を受診しましょう。

 

 

 

直接、口に含む歯磨き粉は、知らず知らずのうちに飲み込んでしまう可能性もありますよね。

歯磨き粉が体内に入り込むリスクについて、提唱はされていませんが、

体にとっては異物ですから、今後は粒子入りの歯磨き粉は使用しないのが一番でしょう。

以前、海外の歯磨き粉を使用していた知人が話ていたのを思いだしました。

日本の歯磨き粉は、研磨剤が入っていて、歯を削っているんだよ・・・と。

 

 

 

これを機に、

現在使用している、粒々商品は、廃棄するのが賢明ですね。

体のためにも、環境のためにも。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top