健康

認知症が増加傾向!カレーに効果?!驚きの効能を検証!

認知症が増加傾向!カレーに効果?!驚きの効能を検証!

 

スパイシーなカレーは、好きですか?

カレーには、驚くべき効能があるようです!

≪認知予防≫ ≪病気の予防≫ ≪美肌効果≫・・・

インド人には、認知症が少ない?!

「食べる漢方」ともいえるスパイシーカレーについて驚いて?いきましょう!

スポンサードリンク


 認知症予防の効果

ほとんどのウコンには「クルクミン」というポリフェノールの一種が含まれており、このクルクミンが抗酸化作用としての働きがあり、認知症予防としての効果があります。 クルクミンには、アルツハイマー病を引き起こす「アミロイドβタンパク」の脳内蓄積を大きく減らしてくれます。

出典: ninntisyouyobou.com   

厚生労働省の調査によると、

65歳以上の4人に1人が認知症とその予備軍にあたると推計されています。

カレーといえばインド人

実はインドのアルツハイマー病の発症率はアメリカ人の4分の1しかなく、

カレーを頻繁に食べるインドでは、圧倒的に認知症の発症確率が低いといいます。

 

カレーのスパイスに必須な「ウコン」

「ウコン」には、「クルクミン」という成分が含まれていて

この「クルクミン」が認知症予防に効果があるとされています。

「クルクミン」はポリフェノールの一種です。

この臨床実験を行っており、結果、

認知症と関係があると言われている

アミロイドβ」をクルクミン分解する効果があることがわかりました。

カレーのスパイスに含まれる「クルクミン」という成分が

認知症の進行を遅らせる可能性があるということが判明したんですね。

スパイス

あくまでも臨床実験の結果で、

クルクミン脳を修復するかはまだまだ検証が必要とのことですが、

カレーを食べると認知症の予防にはなりそうですね。

おすすめは、薬膳カレー、本格インドカレー。

自宅で作る場合には

動物性油脂がたくさん含まれているカレールウを使うよりも

カレー粉 や スパイス で作るのがオススメ。

カレー

病気の予防の効果

「クルクミン」には、

「整腸作用や消化不良改善などの効果」

「便秘解消」に効果があるようです。

「血行に対する効果」

さまざまな部位にできるガンの発症を予防する効果」

全身の血流が良くなるので、糖尿病の合併症予防にも良い働きかけをします。

スポンサードリンク


 「 美肌効果」

紫外線を浴びた皮膚がメラニン色素を作って

シミやシワができる肌の殺菌・浄化作用もあり、肌の調子を整えてくれます。

肌トラブルや湿疹にも効能があるとされ、インドでは薬効として、

ニキビを防いで皮膚を健康に保つ働きもあります。

「便秘解消」「血行促進」効果が 美肌効果 につながるんですね!

美肌(*’▽’)!!女性には、とっても嬉しい!! 

インド人美人インドの女性は、とっても!お綺麗!★

肌艶💎、目鼻だちがくっきり、まつ毛なんか!凄い!

つけま エクステいらず な 上向きロングまつ毛 でした~★

 

消臭効果

ウコンやカルガモン、コリアンダーやクミン、シナモン…等々のスパイスは、もともと漢方薬として使われていたものが多く、肝臓・胃腸の働きを良くしたり、せき止め、疲労回復、殺菌作用、下痢止め、風邪・肥満・二日酔い・冷え性・肩凝り予防などさまざまな健康効果をもたらします。

出典: www.zakzak.co.jp

カレーを食べることで
機能が改善し若返り効果にもなるのは勿論
機能改善、代謝促進で加齢臭予防にもなるというのです。
こんなにも、沢山の効果・効能があるんですね。
 まさに「インド人もびっくり」( ゚Д゚)
ますます、カレーが食べたくなってしまいました(^^♪
カレー以外の料理にも、スパイスを取り入れたいですね~

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top