ドラマ

【ネタバレ】ナオミとカナコ第一話感想とあらすじ!高畑淳子が主役級の好演!

ナオミとカナコ

ドラマ『ナオミとカナコ』奥田英朗原作

ネタバレを含む感想とあらすじです。

 

 

大学時代からの親友、小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)が繰り広げる

衝撃的なストーリー。

第一話が放送されました。

スポンサードリンク


『ナオミとカナコ』第一話あらすじ

大学時代からの親友、小田直美(広末涼子)と服部加奈子(内田有紀)は、半年ぶりに再会した。

 

加奈子のマンションに招かれた直美は、お互いの自宅が近くなったことを喜んだ。

そこには、加奈子の夫で、

エリート銀行マンの服部達郎(佐藤隆太)がいて、遅れて達郎の姉の服部陽子(吉田羊)もやってきた。

 

食後、直美と加奈子はデザートの用意をしにキッチンに立つ。

 

その時、直美が笑って加奈子の腕を軽くたたくと、加奈子は飛び上がるほど痛がった。

 

さらに、加奈子は転がった洋ナシを見て沈黙。

遠目に達郎を見ている。

そんな状況を見た直美は、何かを感じ取ったよう。

 

 

 

そんな折、直美が勤める葵百貨店の外商部が、華僑の大物を招いての商談会を開催。

会場には、腕時計、宝飾品、美術品など、高級品が揃えられた。

 

客は10人程度だと聞いていた直美だったが、実際は大人数の華僑が押し寄せ、会場は大混乱。

そんな中、200万円超の腕時計が紛失するという事件が起こった。

盗まれたとすれば、思い当たる人間はひとりいた。

腕時計を勝手にはめていた中国人の女性、李(高畑淳子)だった。

 

 

 

一方、専業主婦の加奈子は、

深夜、帰宅した達郎を玄関で迎えた。酔った達郎は、いきなり加奈子に抱きつく。

思わず後ずさりした加奈子に、

『嫌なのか』と顔色を変える。

 

翌日、加奈子を見た直美は凍り付く。加奈子の顔は腫れ上がり、どす黒いアザが浮かんでいたのだ。

言い訳する加奈子に、直美は夫・達郎のDVを疑う。

スポンサードリンク


『ナオミとカナコ』第一話まとめ・視聴率

初回第一話の視聴率は、7.9%でした。

一話が、なかなかの話題となっているようですので、次回から視聴率も右肩上がりになるのでは?

 

 

 

第一話、DVで悩む加奈子。それを助けたい一心の親友直美。

これだけでは、ストーリー自体が重く暗い。

 

 

 

しかし、高畑淳子演じる李社長が絶妙に、いい味を出していますね。

本物かと思うくらいの、中国人社長を好演!ふざけてるんじゃないか?!と思うくらいの好演!

 

 

 

そして、佐藤隆太演じる

夫達郎のあの、冷たい目・・怖かったですね。

本当、リアルに怖かったです。

 

 

 

ナオミとカナコは、達郎を消してしまうのでししょうか・・・?

李社長の元で働く、達郎にうりふたつの男が、今後関わってきそうですね。

 

 

 

そして、やはり

李社長こと高畑淳子さんが絶賛されていますね^^!

 

 

今回は、初回ということと

なかなかの好発進であったようなので、みなさんの感想とともに

あらすじと感想をお伝えしました。

 

 

 

ナオミとカナコ第二話は?

第一話は、

「あんたの旦那、いっそ・・・・しまおうか」で幕を閉じました。

 

 

 

ナオミは完全犯罪を思いつく?

達郎に、うりふたつの男がかかわってくるのか。

いよいよ、二人は動きだすのか?

達郎のDVはさらにエスカレートしてしまうのか・・・

怖いながらも、次週が楽しみですね。

そして、(高畑淳子さん)李社長が早く見たい^^

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top