音楽

ナタリーコールの名曲とは?肝臓病やドラッグの乱用が逝去の原因か?

ナタリーコールの名曲とは?肝臓病やドラッグの乱用が逝去の原因か?

 

こんにちわ^^ぴゅぴなです。

お正月、2日。

一日一日、日がたつのは、本当に早いものですね。

こうして、あっというまに、正月休みも終わるのかな~

 

さて、グラミー賞を受賞した歌手の、ナタリーコールが亡くなりました。

65歳であったようですね。

60代で他界されてしまうとは、早すぎますね。

 

 

直接の病気の原因などは明らかになっていませんが、色々な病気が重なったこと

により、亡くなったとされています。

肝臓病による合併症なのか?それともドラッグ乱用によるものか?

 

彼女の名曲を、もう一度・・・

スポンサードリンク


ナタリーコールの名曲

ナタリーコールは、1950年2月6日生まれ。

父は、ナット・キングコール。

 

【軌跡】

カリフォルニア州ロサンゼルスに生まれ、子供の頃から歌手として活動。

1975年にデビュー。

デビュー曲の「ジス・ウィル・ビー」はビルボード全米総合チャート6位のヒットを記録。

グラミー賞の『最優秀R&B女性ボーカル賞』『最優秀新人賞』に輝く。

 

1976年に「Mr. Melody」が東京音楽祭でグランプリを受賞。

 

そして、この曲「smile」。この曲が好きです。

 

輝かしい賞やヒットを飛ばしてきた

ナタリーコール。

1980年代に入ると、ヒット曲にも恵まれず、大きく落ち込んだという。

 

 

そしてこのころ、麻薬中毒に陥り一時活動を休止。

 

 

 

その後・・休止していた彼女は1988年以降に復帰を果たします。

1991年、父ナット・キング・コールのカバー集

「アンフォーゲッタブル」を発表し、大ヒット、グラミー賞の最優秀アルバム賞を受賞。

スポンサードリンク


逝去の原因は肝臓病か、ドラッグの乱用か?

ナタリーコールは、12月31日の夜、亡くなりました。

「長年の健康問題による様々な要因が重なった結果」亡くなったと、

遺族が発表しています。

 

 

 

ナタリーコールは、自叙伝でも自身の病気について告白しています。

C型肝炎であること、そして重度の肝臓病を患っていること。

肝移植手術も受けていたようです。

 

 

 

そして、ドラッグの使用についても、認めていたようです。

C型肝炎を患ってしまったのは、ドラッグによる感染だったのでしょうか。

重度の肝臓病と言われていますが、

C型肝炎が進行することによって、肝硬変となっていたのか。

 

 

それにしても、65歳とは早すぎますよね。

ご本人が一番残念であると思います。

 

 

多くのミュージシャンらが、

ナタリーコールの追悼の言葉を綴っているようです。

”最高の歌手であった。”

そして、”一人の人間として、心優しく、かわいらしい人であったと。”

 

 

では、この辺で。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top