ドラマ

【ネタバレ】オトナ女子!第九話!感想とあらすじ!亜紀は小説のネタだった!?

オトナ女子

ドラマ『オトナ女子』

ネタバレを含む、感想と、あらすじです^^

 

 

 

いよいよラスト間近!

このまま、高山と亜紀の恋愛は発展していくのか?

それとも、予想外の展開となるのか?どうなるのでしょうか。

『第九話』が放送されました。

スポンサードリンク


『オトナ女子』第九話!あらすじ

一緒に食事をした、高山と亜紀。

亜紀のマンション前まで送る高山。

「じゃ、また」と帰宅すると思いきや!

高山が動きだします!

「どうしても会いたくて」と、亜紀のマンションを訪れます。

ここで、第八話は幕を閉じました。


突然の高山の訪問に、戸惑いながらも

亜紀は、高山を迎え入れます。

 

 

 

萌子のほうは、母親の絹江にある告白をします。

 

ある日店にやってきた母に、
ひとり暮らしをするために部屋を借りようと思っていることを告げる。
しかし絹江は、それを認めようとはせず、「私のこと、捨てるつもりなの?」と言い出す。

 

同じころ、とあるネット掲示板に、

栗田と関係を持ったという女性たちが集まり、彼に関する書き込みをしていることが判明する。

 

秘書の玲子からその話を聞いた栗田は、
『このくらいやられても仕方ない』と返す。

 

そして、亜紀の部下である亮介は、カフェ『caldo』を訪れ、

高山に恋愛相談を持ち掛ける。

 

 

亮介が亜紀に思いを寄せているとは知らない高山は、

相手の趣味や嗜好を知ることの必要性を説き、

『若いのだから失うことを恐れずにぶつかってみればいい』とアドバイスした。

 

 

一方、みどりは、もう一度話し合いをするために、

三男・陵をいじめていた相手の家を訪れる。

するとそこに担任の沢田もやってくる。

 

しかし、相手側の両親は、みどりが金目当てで騒ぎ立てていると決めつける。

 

そんな折、亜紀たちが取り組んでいたアラフォー向け恋愛アプリがとうとう完成する。

社内で打ち上げをすることにした亜紀は、高山にも声をかける。

スポンサードリンク


『オトナ女子』第九話感想まとめ

前回の放送、第八話の視聴率は、8.7%でした。

今回、第九話の視聴率は、9.4%でした。

 

 

ラスト1話となった『オトナ女子』

ここまでの第一話~九話の平均視聴率は、8.67%。

 

 

高山は「自分の気持ちがわからない」とcaldoのマスターに打ち明け

「それは恋です」と言われ「取材の対象」だと。

 

 

自分の気持ちに気づいているはずなのに・・・

恋愛に臆病なのでしょうか?それとも・・・小説を書くための疑似恋愛のつもりなのか?

小説を書いていた途中でのマスターとの会話に動揺し

「書けなくなっちゃった・・」とポツリ。

可愛い♡高山さん♡

 

 

打ち上げに遅れてやってきた高山。

亮介が亜紀に告白していた場に現れてしまいます。

ただならぬ雰囲気を感じ、帰ってしまう。

高山は「あなたには心配してくれる人がいるじゃないですか」

ヤキモチをやいてましたね。

ここから、二人は一気に急展開。

そっと、亜紀の手をとり、手をつないで歩く二人はいい感じ♡でした。

 

 

 

せっかくいい感じで終わるのかと思いきや・・ショック・・・

「幸せになれない女」という高山の書く小説を、亜紀は見てしまいました。

 

 

「最初から、そのつもりだったの?」亜紀

「そうです。」高山

 

嘘でしょ?

きっと、始めは小説のネタにしたにすぎないと思います。

でも、きっと次第に亜紀に惹かれていったに違いない。

そうであって欲しいですね。

高山さん!うらぎらないで~

 

 

 

caldoを出た亜紀、そこに元彼の池田が。

泣いている亜紀を抱きしめちゃいます。

ここにきて、まさか!?

 

『オトナ女子』第八話はこちらhttp://ihgraix.com/2642.html

『オトナ女子』最終回第十話は?

いよいよ、次週がラスト。

最終回を迎えます。

亜紀は果たして幸せになれるのか!?

高山は、踏み出せるのか?

期待を裏切らないラストであって欲しいですね。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top