病気

品川実花さんを襲った病名!夫の山本裕二郎の覚悟や母の日記とは?

品川実花さんを襲った病名!夫の山本裕二郎の覚悟や母の日記とは?

こんばんわ。

 

私の何がイケないの?

『芸人品川祐が涙の告白!余命4ヵ月の花嫁に起きた奇跡』

が放送されます。

こんな悲しいことってあるのか・・・と思ってしまいます。

 

 

「余命1か月の花嫁」という映画がありましたね。

誰しも、いつかは訪れる「死」ではありますが、

余命を告げられるという事実は、本当に衝撃とショックであると思います。

品川祐さんの姉・実花さんは、余命を宣告され懸命に

そして短い人生となってしまいましたが、幸せだったと思います。

スポンサードリンク


実花さんを襲った病気とは?

実花さんを襲った病気は、『脳腫瘍』。

 

『脳腫瘍』とは

脳や脳をとりまく組織にできる腫瘍のことで

良性悪性に分けられる。

 

 

 

  • 原発性脳腫瘍転移性脳腫瘍に分けられる
  • 脳は他の臓器からがんが転移しやすい臓器
  • 最新のマイクロサージェリーガンマナイフが効果的
  • がんの中では治療が難しい病気(死亡率が高い)

 

 

 

脳には、ことばをつかさどったり、五感をつかさどる作用があるので、

腫瘍が大きくなれば手足にまひが出たり、

ことばが話せなくなったり、耳や目に支障が出ます。

 

 

 

「良性」の脳腫瘍であっても大きくなれば、

頭痛や吐き気、脳を圧迫することにより意識を失ってしまうという症状や支障が出るそうです。

スポンサードリンク


夫の山本裕二郎の覚悟や母の日記

夫である、山本裕二郎さん。

実花さんの病を知り、それでも結婚した旦那さんです。

辛かったでしょうね・・・

愛する人の余命が、わかり長くは一緒にいられないという現実。

どんなに悲しかったか、辛かったか・・・

 

 

一緒にいられる間は、夫婦として夫として

実花さんを支えて行きたかったのでしょうね。

 

 

母

 

実花さんの母の日記から、こんなエピソードがあります。

 

 

 

実花さんが亡くなる半年前のお話しです。

 

 

 

裕二郎さんは、余命がどのくらいかわからない中

残された時間の中で、実花さんが望む事は可能な限り

どんな事でも叶えてやりたいと思ってくれた。

 

 

 

実花さんは、指輪交換も区役所に行きたいという思いがあったといいます。

そして、女性として、ウエディングドレスが着たいという思い。

式をあげ、婚姻届けを出したといいます。

 

ドレス

 

 

 

実花さんには、強い思いがあり

「品川」の姓が好きと言い張り、裕二郎さんは「品川」の籍に入ったといいます。

 

 

 

品川祐さんも勿論

「裕次郎さんは若いし、これからのことを考えると品川姓になってもらうのは悪い」

と主張したそうです。

そこで、母路子さんは、裕二郎さんのご両親に詫びながらお願いしたといいます。

 

 

 

母の愛ですね。

子供がいくつになっても、母は母です。

余命を告げられている娘を思い、どうしても願いを叶えてあげたかったんでしょう・・・

同じように、旦那さんの裕二郎さんも・・・

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top