問題

パタハラとは?理解されない男性の育児休暇の原因は観念のズレか?

パタハラとは?理解されない男性の育児休暇の原因は観念のズレか?

こんにちわ。

 

特に、これといった予定もなく

のんびりな休日をすごしております^^ぴゅぴなです。

さて、先ほどニュースで目にした「パタハラ」。

近頃は、なんでもハラスメントというくらい

ハラスメント社会となっていますね。

今回注目する「パタハラ」。

「パタハラ」とは?

そして、深刻なこの問題について探っていきます。

スポンサードリンク


パタハラとは?

 

【パタハラ】とは

「パタニティーハラスメント」の略

 

 

 

パタニティーは英語で“父性”を意味し、

男性が育児参加を通じて自らの父性を発揮する権利や機会を、

職場の上司や同僚などが侵害する言動におよぶことを

「パタニティー・ハラスメント」と呼びます。

 

 

 

 

理解されない男性の育児参加

今や、子供を出産しても、社会にでて働いている女性(ママ)は

多くいます。共働きですね。

男性(パパ)の協力が必要ですよね。

 

国でも、「イクメンプロジェクト」なるものを発足し推進しています。

 

イクメン

 

認知度が高まりつつある一方で、理解されないという現実が・・・

 

 

子どもがいる男性525人による調査によると

 

 

【育休の取得経験について】

「取得したことがある」と答えたのは、わずか「5.7%」

「取得したことはないが、取得したかった」45.5%

「取得したことはなく、取得したいと思わなかった」48.8%

 

 

 

【理解度については】

「職場で、男性の子育てに対し『最も理解がある』と感じるのは誰か」の質問に対し、

最も多かったのは「職場には誰もいない」45.1%

 

 

職場の環境は、育児休暇をとれる環境にはなっていない状況ですね。

上司の理解不足だけではない、根深いものを感じます。

スポンサードリンク


観念のズレ?

古くから、男は仕事、女は家庭。と言われてきましたよね。

その固定観念が邪魔をしているのではないか?とも思いますが

どうでしょうか?

 

 

 

こんな言葉がありました。

 

【性別役割分業】

家庭における夫婦それぞれの責務や役割について明確に区分することである

 

 

日本では「性別役割分業」は、社会に「家」が確立した中世から存在するといいます。

 

  • 夫は「家」の対外的な活動を分担、妻は「家」の中の活動を分担
  • 収入を確保するのは夫妻は収入をやりくりして、夫の仕事を支えたり育児・家事全般の家政を差配

 

 

 

このような歴史や経緯があります。

概念のズレには、やはり固定概念の定着も影響するのでは?・・・

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top