経済

マイファーム西辻一真のwikiやクビを経験した異色の経歴とは?

マイファーム西辻一真のwikiやクビを経験した異色の経歴とは?

こんばんわ。

私の勝手に忙しい、木曜日となりました。

帰宅後、洗濯を済ませ、やっと一息です(-_-;)

一息つけると思いきや!!

大好きな、ビールがないではありませんか!!ショック💦

寒い上に、買いに行くのも面倒なので今日はやめときましょ・・

 

さあ、本日は『カンブリア宮殿』の放送の日です。

今週は、マイファームの西辻一真さんが登場されます!

農業界の異色経営者である「西辻一真」さんのwikiや

に注目していきたいと思います。

スポンサードリンク


西辻一真さんのwiki

1982年福井県生まれ。

2006年京都大学農学部資源生物科学科卒業。

株式会社ネクスウェイに入社し、営業と企画を担当。07年退社。

京都の伝統品をネット販売する「株式会社おこし」を起業。

同年、「株式会社マイファームを設立」し、代表取締役に就任する。

10年から農水省政策審議委員となる。

 

若き、次世代のリーダーですね。

2007年に西辻氏が始めたマイファームは、

現在、全国約80カ所にこうした体験農園を展開しているといいます。

 

 

そして、西辻氏のルーツとは?

子供時代にあるといいます。

 

 

 

福井県で生まれ育った西辻氏は、子供の頃から自宅の庭で野菜作りをしていたそうです。

庭での野菜作りをしていた、母親の影響なんですね。

母親と競争でキュウリやトマトを育て、

野菜の出来栄えを褒められるのが何よりうれしかったといいます。

お母さまは、とても上手い子育てをされたんですね。

子供は、褒められると何より喜びを感じるといいますから。

スポンサードリンク


クビを経験した異色の経歴とは?

順調にいかない時期もあり、

お金もなく、そして挫折する日々。

そんな中で、彼を支えたのは、「常にモチベーションを上げる」ということ。

そして、しだいに体験農園は軌道に乗っていった。

 

 

 

そんな中、2011年3月に東日本大震災が起こり、

西辻さんたちは宮城県岩沼市「復興トマトプロジェクト」を立ち上げた

 

 

被災地を支援しようと

西辻さんは活動を東北にシフトさせ、宮城や岩手にたびたび出掛けていたといいます。

農家と行政の間で苦労を重ね、闘っていたようですが、

 

 

京都の本社では予期しないことが起きていた。

 

 

社長が東北に入れ込みすぎているとスタッフが不満を募らせ、

深い溝ができてしまったようなんです。

この一件で、西辻さんは社長を降ります。

 

 

一時、社長という役職を下りた西辻さん

現在は、マイファームの本年度の売り上げ見込みは200%UP!

今年5月に西辻さんは再び代表取締役社長に就任した。

 

 

畑でお見合いなど、斬新なアイディアもありましたね!

なかなか、ほっこりした気持ちになりました^^

では、おやすみなさいzzz

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top