動物

ヤマビル対策や対処法とは!?吸血被害が続出!どんな生物なのか?

ヤマビル対策や対処法とは!?吸血被害が続出!どんな生物なのか?

こんばんわ。

本日、帰宅が遅く、ニュースもろくに見ることが出来ずにいました。

先ほど帰宅し目に入ったニュース!

「吸血被害が続出!」とあるじゃないですか!

まさか!吸血鬼??

どうやら、調べてみると「ヤマビル」なる生物の仕業だというじゃないですか!

対処法や対策そして、現在の状況や生物について調べていきたいと思います。

スポンサードリンク


ヤマビル被害続出!

ヤマビルの吸血被害兵庫県内に広がっているそうです。

 

 

 

全国的には秋田県、千葉県などで分布・被害が報告されているということです。
兵庫県内では、丹沢山地東部を中心に確認されており

注意を呼び掛けています。

 

 

 

朝来市和田山町の「市立和田山小学校」の裏山では、

ヤマビルにかまれる児童が相次いでいるといいます。

今では、立ち入り禁止として、子供たちの遊ぶ姿はなくひっそりしているようです。

以前から、被害はあったものの、ここまで被害が拡大することはなかったといいます。

被害が増える=ヤマビルが増えているんだそうです。

 

 

怖いですね。

ヤマビルは、人や動物が近づくと呼吸や体温を感じて近づき、吸血するんだそうです。

ヤマビルとは?

「ヤマビル」ヒルの一種

 

hiru

 

  • 円筒形で体長2~5cm。伸びると5~7cmになる。
  • 体の前後腹面に吸盤があり、
  • ほふく運動で(尺とり虫のように)人や動物に接近し付着する。
  • 寿命は3~5年程度。
  • 落ち葉の下など湿気の多いところを好む。
  • 活動期は、4月から11月。
  • ヤマビルは、動物や人が吐く息に含まれる炭酸ガスや体温などで、その存在を知り移動。

移動速度は1分に1m程度。素早いですね。1分に1mとは・・・

 

思わず、虫嫌いの私はかゆくなります。

絶対に出会いたくないですよね。

スポンサードリンク


対策や対処法は?

まず、知っておくべき、対処法や対策について。

 

 

【対策】

  • 吸血を防ぐ

忌避剤という薬剤を足下を中心に靴や衣類に塗る。

*ヤマビル専用の薬剤は直接皮膚には使えません。

あら塩を、靴に塗り込む。

市販の虫よけ剤にも、効果はありますが、効果は2~3時間程度。

 

 

【対処法】

  • 吸血されてしまったら

吸血され、出血が原因で生命に関わることはありませんが

稀に傷口から細菌類による感染を起こし、

じんましんや発熱などの症状をきたす場合があります

 

  • 吸血しているヒルはすぐに除去を。

「ヤマビル」にタバコの火を付けたり塩をかけ除去する。

*ヤケドの危険もあるので、塩をかけるのが良い。

  • 傷口から血を押し出すようにして、血と一緒にヒルジンなどの成分を流し出す。
  • 抗ヒスタミン剤(虫さされ用軟膏など)を塗布し、バンソウコウなどで傷口をふさぐ

 

 

登山や、農業に従事される方は注意が必要ですし

発生被害の出ている地域の方は、十分注意してください。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top