ドラマ

【ネタバレ】オトナ女子第1話感想!傷心の亜紀に新しい恋?高山と亜紀の今後とは?

オトナ女子

ドラマ『オトナ女子』

ネタバレを含む、感想と、あらすじです^^

 

恋も仕事も諦めない40代独身女子と

ダメな男たちによる大人のラブストーリーとなっているドラマです。

スポンサードリンク


『オトナ女子』第一話あらすじ

40歳独身の中原亜紀(篠原涼子)は、

恋愛アプリを手がける会社のキャリアウーマン。

デビューを目指す年下のミュージシャン・伸治(斎藤 工)

愛猫のちくわと暮らしている。

 

しっかり者の亜紀。

だが恋愛では相手に尽くしすぎてしまい、

なかなか幸せをつかめないでいた。

そして、伸治の前では本音を出せない

 

心を許せるのは、同い年で独身の女友達

ホレっぽくさまざまな男性にアプローチしている

フラワーショップオーナーの大崎萠子(吉瀬美智子)と、

バツイチで3人の男の子を女手ひとつで育てている

坂田みどり(鈴木砂羽)だけ。

 

亜紀たちは、何かにつけて女子会を開き、気兼ねなく愚痴を言い合っている。

 

モバイルコンテンツ部に所属する亜紀は、

工藤美和(市川実和子)、立花沙織(平山あや)、

前川亮介(吉沢亮)ら年下の部下とともに、

アラフォー向けの恋愛アプリに取り組んでいる。

この企画には、

プレイボーイとして有名な社長の栗田純一(谷原章介)も期待を寄せていた。

 

スポンサードリンク


あるとき亜紀は、

10年以上前に何本もの恋愛ドラマをヒットさせた脚本家・高山文夫(江口洋介)

ゲームの監修を依頼しようと思いつく。

 

高山の居場所を調べ、彼が入り浸っているカフェを訪れる亜紀。

高山は、電車で、痴漢?シャツに口紅を付けてしまった男性だった。

『クリーニング代はいりませんよ』と高山。

『別件、お願いしたい件があり・・』と亜紀。

そして企画書を見せる。

しかし高山は、企画書を見るなり

「いい年して胸キュンもない」

「40歳は女子とは言わない」と言って取り合わない。

 

くしゃみ連発の高山。

(ネコアレルギーのようです。)

 

取り合ってもくれない高山の態度にカチンときた亜紀は

「あなたこそ思春期丸出しの偏屈男だ」と言ってしまい

言い合いになり、ビジネスの話の展開はない。

 

一方、売れないミュージシャンの伸治は

亜紀のいない間に浮気。しかも

亜紀のマンションで。

 

マンションを飛び出した亜紀が向かった先は

高山が入り浸るカフェ。

飛び出した亜紀を追いかけ伸治がやってくる。

浮気をしていた

そして、亜紀よりも若い浮気相手を選ぶと・・

 

分かれ話の一部始終を見ていた高山は

翌日、亜紀の会社を訪ねる。

「君と一緒に仕事してみようかと・・」

で、第1話はつづく・・・

『オトナ女子』第1話視聴率

女優の篠原涼子(42)が約2年半ぶりの

連ドラに主演となる、「オトナ女子」

初回の平均視聴率 

まさかの!!一桁発進!で9・9%。でした。

篠原涼子は視聴率の取れる女優さんだけに意外でしたね。

 

 

 

『オトナ女子』第一話 感想まとめ

ドラマ序盤では、ん~期待しすぎたかな?

なんて思いましたね。

だんだんと面白くなってきたのは、終盤

一緒に暮らす年下ミュージシャンの伸治が

亜紀と暮らすマンションで見知らぬ女性との浮気現場を

目撃したシーンからですね。

しかも、売れないミュージシャ伸治は、斎藤工でしたか。

さわやかな斎藤さん。今回でダメージを受けるファン多し・・では?

イメージdown↓?

そして、亜紀の恋の予感を感じたシーン。

書類が落ちたとき、二人の手が触れ、高山が『今度デートしよっか』

亜紀がドキっとした表情をするところ。

『オトナ女子』第二話は亜紀の新しい恋?

売れないミュージシャン伸治と別れた亜紀。

終わった恋を忘れるには、新しい恋をするのが一番!

心許せる友人、萌子・みどりが奮闘するようです。

果たして、新しい恋は?

そして、高山とのビジネスは?

亜紀と高山の関係はどうなっていくのか・・

気になりますね🎵^^

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top