ウイルス

新型ノロウイルスGII・17が確認される!大流行の恐れや予防策は?

新型ノロウイルスGII・17が確認される!大流行の恐れや予防策は?

こんにちわ。

日差しが暖かく、まったりな ぴゅぴな です^^

久しぶりの太陽が出てくれたお陰で、暖かいです^^

 

この季節、秋~冬にかけて気になるのは、

あらゆるウイルスですね。

ついに「ノロウイルス」の感染が出始めました。

そして、

従来のウイルスとは異なる新型のノロウイルスが確認された

ようなんです。

大流行の危険性や

予防策について、調べていきます。

スポンサードリンク


新型ノロウイルスを確認

激しい嘔吐(おうと)や下痢を引き起こすノロウイルス。

 

 

そして、この「ノロウイルス」の新型が国内で確認されました。

通常と異なるノロウイルスの遺伝子配列を発見し

「GII・17」という種類が変化した新型ウイルスと分かった

 

このウイルスは27年1月から徐々に検出数が増加し

25年から26年にかけては従来の「ノロウイルス」である

「GII・4」が主流だったようです。

 

 

27年2月には新型による感染者数が多くなったようです。

川崎市では27年1月から6月までの間に、

36人から新型ウイルスを検出しているとのこと。

 

川崎市以外に、

長野県や栃木県、大阪府などでも確認されているとの事です。

そして、日本以外に

海外でもアジアを中心に検出され、

米国や欧州でも報告例があるといいます

 

毎年、秋から冬にかけて流行するノロウイルス。

今まで以上に徹底した予防、対策が必要となりそうです。

 

大流行の恐れや予防策について

この「新型ノロウイルス」

毒性は従来と変わらないとされています。

しかし、多くの人は免疫がなく大流行する恐れがあると

注意を呼び掛けています。

流行期は、これから。冬です。

 

ある医師の話によると

抗体や免疫がないので、1人発病してしまうと

周囲に感染し発病するというリス危険性が

従来のウイルスよりも高い、との事です。

 

怖いですね。

佐賀県では保育所、高知県では学校で

集団感染が確認されています。

スポンサードリンク


予防策とは?

 

  • 徹底した手洗い(2度洗い)

「ノロウイルス」は、他のウイルスに比べて小さく

手のシワに入り込みやすいそうです。

 

  • 環境の洗浄と除菌

トイレ(便座・ふた)ドアノブ・レバー

洗面所の蛇口など・・

日常、手が触れる所は、大げさかもしれませんが

除菌が確実なようです。

 

洗浄・除菌に使用すると良いのは

エタノール、アルカリ剤、陽イオン系界面活性剤などを含むものが

ウイルス・菌をパワフルに除去してくれるそうです。

他にはクエン酸やエタノールで除菌。

 

アルコール入り除菌シート など

常備したり、持ち歩くといいのではないでしょうか。

 

予防をしっかりして、

疲れをためず(ウイルスは疲れた免疫の落ちた体を好みます)

ウイルスにかからぬよう、注意していきましょう!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
* (公開されません)
*

Return Top